自律神経とヨーガ療法

みなさん、こんにちは。
5月病とヨーガ療法
http://wp.me/p7OMLQ-e7
を書いてから1ヶ月以上経ってしまいました。
ヨーガ療法が
自律神経に働きかけることで
辛い症状が緩和される理由や
ストレスマネジメントとしてのヨーガ療法について書こうと思いつつ後回しになってしまってスミマセンでした。
自律神経には交感神経と副交感神経の
2つの種類があります。
交感神経は
生命の危機に際して戦うか逃げるか?
という状況で最大のパフォーマンスを発揮できるように働きます。
副交感神経は
心身のリラックス、休息モード。
心身のメンテナンスをする際に働きます。
交感神経は、慣れない環境や人間関係の緊張状態などストレスを感じている時に高まります。
ストレス過多の世の中、緊張状態が継続することで副交感神経の働きが鈍り、心身の回復力が低下し様々な不調に見舞われます。
頭痛、肩こり、腰痛、筋肉の張り全般
食欲不振、消化不良、便秘、下痢、睡眠障害
病気とまではいかないまでも
長期間に渡って続くと辛い症状は
ストレス(心の働き)から来ているものも多いようです。
これらの原因が
主に過敏に働く交感神経にあるとすれば
交感神経を鎮めて副交感神経の働きを促進してやれば心身はリラックスモードに切り替わります。
ヨーガ療法は
・体操
・呼吸
・瞑想
の3方向からアプローチし
筋肉の張りを和らげ
呼吸により副交感神経優位に導き
瞑想による心のケア
を実現しています。
現代のストレス社会を生きる私たちは
知らず知らずのうちにストレスを受けています。
毎日歯を磨いたりお風呂に入ったり
身だしなみを整えるように
ヨーガ療法のエクササイズにより
ストレスに強い体づくりが必要な世の中なのです。
普段の生活の中に
ほんの少しヨーガの智慧を意識するだけで
心の持ちようが変わってきます。
7月スタートの3ヶ月6回のお試しクラスは
現在体験者募集中です。
よろしければご参加ください。

AYUMIYA (あゆみや)
toiawase.ayumiya@gmail.com
050-5832-2787
http://www.ayumiya.net/
http://www.facebook.com/ayumiya.net
5500002
大阪府西区江戸堀1-23-14
新坂ビル206号室
地下鉄四つ橋線肥後橋駅8番出口から徒歩3分