スマホのビデオ通話機能で対面鑑定同様にご相談可能です。

インド占星術ホロスコープ鑑定のお問い合わせはこちら

ヨーガ的本音と建前

ぁゅ*
ぁゅ*

大阪市内で対面鑑定、ネット鑑定で占いをしているAYUMIYAです。

インド占星術ジオマンシー占いであなたのお悩みを解決します!


私は占いをする傍ら、好きで写真を撮っています。

写真やカメラ好きな友達が多くいますし、写真を撮ることをお仕事にしている友人知人との交流の機会もまあまああります。

そうすると、ちょっとしたカメラや写真の話題から専門的な内容に発展することもあって楽しいのですが、写真をお仕事にされている方(プロ)にタダでこんなこと聞いてもいいのかな?と気を遣って聞けないことが多かったのです。

私がそのように思う理由は、私はアーユルヴェーダやインド占星術に関するアドバイスの仕事をしているので、一般的に普及している内容であれば雑談として話題に加わりますが、疑問点やアドバイス等を求められると、適当にいい加減なことは言えないという思いがあります。ちゃんと理解してもらおうと説明しようとすると、関連項目なども話す必要があり時間がかかるという問題点もあります。

「ちょっと教えて欲しい」のちょっとでは対応出来ない面もあるからです。

(あとは、鑑定メニューなど有料で提供しているメニューを設けているので、そちらを申し込んで欲しいという思いもあります。)

だから、写真に関することもプロの方は、同じような気持ちでいるんだろうなと思っていました。
それでも、「何でも聞いてね〜!」と言ってくださる方がいて、いやでもそこはやはり社交辞令も入ってるやろし遠慮するのが常識やろと私は勝手に判断していました。

でもある時、そもそも相手の方は、私に対して社交辞令する必要なんてないやろと思い(本来私は社交辞令は大嫌いです)これは、一度聞いてみようかなと思って質問してみたら、的確な回答、アドバイスをもらうことが出来ました。本当にありがたいことです。

だけど、これが当たり前だと思ってはいけないと思っています。
ヨーガの八支則のうちの

  • 禁戒 (ヤマ)してはいけない5つのこと
  • 勧戒 (ニヤマ)積極的に行う5つのこと

の教えの中で言われている

  • 嘘をつかない
    嘘をつかず、正直に、誠実に生きること。
  • 盗まない
    他人の物や時間、信頼などを盗まない。

などが思い出された出来事でした。
質問する、教えてもらう、ということはその人の時間を奪っていることになりますね。

伝統的なラージャ・ヨーガの修行においては、一般的にヨガと認知されている体操の前に、道徳的、心理的な修行をする必要があります。レッスンの中で少しずつお伝えしています。

お問い合わせ、鑑定のご予約等はこちらからお願いします。

ヨーガ
シェアする
aymをフォローする
【大阪・対面鑑定 】占い師 AYUMIYA インド占星術【オンライン鑑定】