執念ではなく確信が正解だった

おはようございます。
こちらでの新年のご挨拶が遅れましたが、いくつかのセッションやレッスン等すでに始まっております。ありがとうございます。
さて、執念といえば我が阪神タイガースの2018年はこのスローガンを掲げて戦った結果最下位でした。
もともとの言葉の響きや字面の印象が良くなくてあまり好きではなかったのですが、それがなぜだか自分の経験した出来事からすんなり腑に落ちたこの三連休でした。
そもそも執着という時点で、現状がダメだから食らいついて行くというマイナスからの出発点ではないのか?と。
一方、確信はもう成功する結果が見えている(分かっている)から肩の力が抜けて楽に取り組めるプラスのエネルギーが働いてるから上手く行くのでは?
ヨーガの教えや潜在意識や宇宙の法則などでもよく言われている、自分の内側の思いが外側の世界に現れるや思考は現実化するなどから考えると、明らかに後者の方が良い結果になると思いませんか?
私も、以前まではかなりの執念で絶対にこの勝負に勝って手に入れたい!という思いばかりが強すぎて半ば執着状態だったと今になって気づきました。
今回は、私はもうこれを手に入れてるんだから、必死になる必要はないわ(^ ^) 家のどこに飾ろうかしら?と手に入れた時の喜びのイメージが広がり、それが当たり前の状態という意識で過ごしてたらなんと本当にその通りに!
ある意味で妄想癖が生んだイメージトレーニングの成功体験です。
いえ、今までも数々の引き寄せは体験があるのが災いして、「絶 対 に 手 に 入 れ て や る」という今まで以上に力の入った怨念みたいなものが敗因だったのでは?と気づいたのです。
手に入った瞬間から心拍数が急に上がって、落ち着けるためにゆっくりと深呼吸したのは言うまでもありません。

AYUMIYA (あゆみや)
toiawase.ayumiya@gmail.com
090-1027-0787
LINE@ AYUMIYA
http://www.ayumiya.net/
5500002
大阪府西区江戸堀1-23-14
新坂ビル206号室
地下鉄四つ橋線肥後橋駅8番出口から徒歩3分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする