スマホのビデオ通話機能で対面鑑定同様にご相談可能です。

インド占星術ホロスコープ鑑定のお問い合わせはこちら

二極の対立感情を克服する

おはようございます。今日の大阪は雨。私は子供の頃から雨が嫌いで、雨の日は学校を休みたい子でした。その気持ちは今でもあまり変わりませんが、雨を嫌う、ということはなくなってきたと思います。

バガヴァッド・ギーターの教え

バガヴァッド・ギーターは、ヒンドゥーの叙事詩マハーバーラタにその一部として収められている、戦士アルジュナとヴィシュヌ神の化身であるクリシュナ神との対話から成り立つ物語です。

アルジュナは、敵方に家族や親戚、お世話になった先生、愛すべき人々の姿を見つけ、戦いたくないと戦意喪失するも、クリシュナ神からは「戦いなさい。」と言われて苦悩する姿が描かれています。

クリシュナ神は、戦士としての自分を役割(義務)を全うすることが、解脱への道と説きます。結果にこだわらず、戦士としての義務を果たし、神に対し信愛を捧げることで、あらゆる執着から離れ輪廻転生の輪から解放されると説きます。

二極の感情に影響されて、心を乱し、判断を誤るなという教えです。ヨーガの目的は「心の働きを止滅すること」とヨーガ・スートラに記述がありますが、極端な二極の感情によって心の平穏さを乱さずにバランスの取れた状態で義務を果たしなさいということを意味しています。

  • 善・悪
  • 損・得
  • 浄・不浄
  • 勝ち・負け
  • 好き・嫌い
  • 自分・他人

の二極にこだわり外の世界で起こることに囚われているから心を乱すのであって、二極の選択をせず中立中庸バランスを取って、結果にも執着しない心を養うことが解脱への道へとつながります。

インド哲学の考え方

インドは基本的にヒンドゥー文化の影響が強く、輪廻に束縛された世界からの魂の解脱を最終目標としています。現世での困難や苦悩を克服することは、修行の一貫であり、困難を乗り越えた先に悟りの境地にいたると言われています。

日常生活への応用

インド5000年の智慧、ヴェーダ聖典の考え方は、ストレスの多い現代人の生活に対して有効に働きます。心の平穏さを保つことが肉体の健康にもつながることは、心身相関の視点から見てもあきらかです。解脱、というとなかなか大げさなイメージですが、悟りの境地といえば何事にも動じないしなやかな心の持ち主。思い浮かべてみれば、一人や二人は心当たりもあることでしょう。

ヨーガ
シェアする
aymをフォローする
【大阪・対面鑑定 】占い師 AYUMIYA インド占星術【オンライン鑑定】