インド占星術

Jyotish

インド占星術とは何か?

サンスクリット語のJyotish(ジョーティッシュ)は「光の科学」や「光の智慧」を意味し
一般的にはインド占星術として、近年日本でも広く知られるようになってきました。

インド占星術はヴェーダ思想に基づく世界最古の占星術であり
輪廻転生や因果応報(カルマの法則)の考え方がベースとなっています。
私たちの人生は光(惑星)の影響を受けていると考えられており
生まれた場所や時間などにおいても偶然ではなく必然であると信じられています。 

インド占星術は、精神性や霊性の向上を目的としたヨーガやアーユルヴェーダの世界観とも関連した占星術です。

輪廻転生によってこの世に生まれた魂の、現世での修行のテーマが記されているのがホロスコープであり、そのホロスコープを読み解くことで自分自身のこの世での役割や試練などが分かるようになります。

ホロスコープの解読は、今まで原因が分からなかった無意識の心や考え方のクセなど生きづらいと感じていた要素が癒されるきっかけにもなります。

10天体と12星座の象意

インド占星術では、出生のホロスコープに配置された惑星や星座からの情報を解析することで
その人の肉体的な特徴や性格、嗜好、人生に訪れる転機などが読み取れます。

10天体の象意

 太陽(スーリヤ)

魂、生命力。社会性、使命、仕事を表します。

月(チャンドラ)

私の心、精神性。愛情深く、母性的、繊細で感受性の高さを表します。

火星(マンガラ)

情熱、エネルギッシュ、勇敢、挑戦的、行動力を表します。

水星(ブダ)

コミュニケーションと知的能力を表します。

木星(グル)

最大吉星。幸運と守護をもたらします。

金星(シュクラ)

芸術性、愛情を表します。

土星(シャニ)

努力と試練の星。現世での魂の修行、課題を表します。

ラーフ

あくなき欲望、独創性を表します。

ケートゥ

禁欲的で内向的な意味を持ちます。

アセンダント

自分自身を表します。見た目の印象や表現の仕方に影響します。

12星座の象意

牡羊座(メッシ)

情熱的、攻撃的、野心家、勇敢、決断力、トップに立つ、好奇心旺盛、エネルギッシュ

牡牛座(ブリジャブ)

忍耐、努力、保守的、意志が強い、美食家、金銭欲、快楽、音楽、芸術、頼りがいがある

双子座(ミトゥーン)

冒険家、適応能力、読書、執筆活動、話好き、流行に敏感、分析能力、多芸多才

蟹座(カルク)

想像力豊か、過敏性、家庭的、家族思い、レストラン、宝飾関係、探検家

獅子座(シンハ)

上品、寛大、誠実、哲学的、権威、野心、名誉、尊敬、公明正大、エンターティナー

乙女座(カンヤ)

活動的、若々しい、速い変化を好む、恥ずかしがり屋、控えめ、商売のセンス

天秤座(トゥーラ)

バランス感覚、美と調和、娯楽、社交、優雅、博愛、謙虚、八方美人、公正、誠実

蠍座(ヴリスチック)

 想像力、感受性豊か、優れた直観力、頑固、スピリチュアル、粘り強い、秘密主義

射手座(ダヌー)

哲学、宗教、道徳、陽気、楽天的、正義感、教育、広い心、自信家、大胆、勇敢

山羊座(マカル)

経済的、合理的、忍耐強い、勤勉、伝統や風習を重んじる、組織力、保守的、規律正しい

水瓶座(クム)

独創的、社交的、道徳的、 自由、博愛、平等、理想主義、つむじ曲がり、霊感

魚座(ミーン)

ロマンティスト、順応性、神秘的、精神的、福祉、純粋、宇宙意識、豊かな感情

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする