インド占星術

Jyotish

 

 

サンスクリット語のJyotish(ジョーティッシュ)は「光の科学」や「光の智慧」を意味し、一般的にはインド占星術として、近年日本でも広く知られるようになってきました。

インド占星術は世界最古の占星術

インド占星術はヴェーダ思想に基づく世界最古の占星術であり、輪廻転生や因果応報(カルマの法則)の考え方がベースとなっています。特定の宗教と結びついたものではありません。
私たちの人生は光(惑星)の影響を受けていると考えられており、生まれた場所や時間などにおいても偶然ではなく必然であると信じられています。インド占星術は、精神性や霊性の向上を目的としたヨーガやアーユルヴェーダの世界観とも関連した占星術です。

ホロスコープは人生の地図

輪廻転生によってこの世に生まれた魂の、現世での修行のテーマが記されているのがホロスコープであり、そのホロスコープを読み解くことで自分自身のこの世での役割や試練などが分かるようになります。
ホロスコープを解読することにより、今まで原因が分からなかったあなたの無意識の心や考え方のクセなどが分かります。これにより生きづらいと感じていた要素を認識し、きちんと向き合うことにより問題が解決され心が癒されるきっかけにもなります。

インド占星術と西洋占星術との違い

占星術、といえば多くの方は12星座占い、西洋占星術を思い浮かべると思います。そして、占い好きのみなさんはインド占星術とは何が違うのか?と興味を持たれることでしょう。

使用している惑星に違いがあるとか、吉星凶星の分類が一部異なるとかもあります。また、ヒンズー文化に根付いた考え方(宗教観)があるというのも特徴的です。特定の宗教と結びついているわけではありません。

トロピカル方式とサイデリアル方式

まず、星座帯の違いがあります。西洋占星術では、その年の春分点をおひつじ座0度として扱います。そこから30度ずつ星座を区切っていくトロピカル方式を使用しています。

一方でインド占星術は実際の恒星(諸説あり)を基準とし12サインを区切っていくサイデリアル方式を使用しています。サイデリアル方式は西洋占星術の起源とされているバビロニア占星術でも使用されています。

運命未来予測のキーとなるダシャーシステム

西洋占星術には無いダシャーという概念。一言でいうとバイオリズムのようなもので、運気の流れを表します。このダシャーの変わり目にその惑星を代表する象意の出来事が起こるので、人生におけるイベントの予測に使われることが多いです。

ダシャーが変われば気分も考え方も行動も変わります。今まで関心のなかったことに急に興味を持ち出すとか、あれだけ好きだったものの興味を失うとか。事故や病気に気をつけた方が良い時期などもダシャーを見たら分かります。

詳細な分析が可能な分割図システム

基本的な鑑定においては、D1(ラーシチャート)を使用しますが、より詳細に物事を見ていく場合には、分割図を使用します。分割図はたくさんの種類がありますが、比較的よく使われている重要なものは、D9(ナヴァムシャチャート)で結婚や配偶者、潜在意識、晩年について表しています。

分割図システムも西洋占星術には無い概念です。分割図の使用には、より正確な出生時刻が必要となります。

10惑星と12星座の象意

インド占星術では、出生のホロスコープに配置された惑星や星座からの情報を解析することで
その人の肉体的な特徴や性格、嗜好、人生に訪れる転機などが読み取れます。

10惑星の象意

 太陽(スーリヤ)

魂、生命力。社会性、使命、仕事、権力

月(チャンドラ)

心、精神性。大衆性、愛情深く、母性的、繊細で感受性の高さを表します。

火星(マンガラ)

情熱、エネルギッシュ、勇敢、挑戦的、集中力、行動力

水星(ブッダ)

思考、知性、情報、素早さ。コミュニケーションと知的能力

木星(グル)

最大吉星。宗教性、論理道徳、幸運と守護

金星(シュクラ)

愛、美、調和、芸術性

土星(シャニ)

忍耐、努力、試練、規則、伝統

ラーフ

物質的、快楽、欲望、独創性、技術

ケートゥ

精神的、禁欲、修行、悟り、内向的

ラグナ

自分自身を表します。見た目の印象や表現の仕方に影響します。

12星座の象意

牡羊座(メーシャ)

情熱的、攻撃的、野心家、勇敢、決断力、トップに立つ、好奇心旺盛、エネルギッシュ

牡牛座(ブリシャ)

忍耐、努力、保守的、意志が強い、美食家、金銭欲、快楽、音楽、芸術、頼りがいがある

双子座(ミトゥナ)

冒険家、適応能力、読書、執筆活動、話好き、流行に敏感、分析能力、多芸多才

蟹座(カルカ)

想像力豊か、過敏性、家庭的、家族思い、レストラン、宝飾関係、探検家

獅子座(シンハ)

上品、寛大、誠実、哲学的、権威、野心、名誉、尊敬、公明正大、エンターティナー

乙女座(カニャー)

活動的、若々しい、速い変化を好む、恥ずかしがり屋、控えめ、商売のセンス

天秤座(トゥラー)

バランス感覚、美と調和、娯楽、社交、優雅、博愛、謙虚、八方美人、公正、誠実

蠍座(ヴリシュチカ)

想像力、感受性豊か、優れた直観力、頑固、スピリチュアル、粘り強い、秘密主義

射手座(ダーヌ)

哲学、宗教、道徳、陽気、楽天的、正義感、教育、広い心、自信家、大胆、勇敢

山羊座(マカラ)

経済的、合理的、忍耐強い、勤勉、伝統や風習を重んじる、組織力、保守的、規律正しい

水瓶座(クンバ)

独創的、社交的、道徳的、 自由、博愛、平等、理想主義、つむじ曲がり、霊感

魚座(ミーナ)

ロマンティスト、順応性、神秘的、精神的、福祉、純粋、宇宙意識、豊かな感情

 

惑星と星座の友好関係

惑星と星座にはそれぞれ、相性の良い関係、相性の悪い関係、良くも悪くもない中立の関係があります。

ムーラトリコーナの星座から数えて、5、9、2、4、8、12番目の星座の支配星とは友好惑星になります。

ムーラトリコーナの星座から数えて、3、6、11、7、10番目の星座の支配星とは敵対関係になります。

友好関係にあり、かつ、敵対関係にある惑星は中立関係なります。

惑星の友好、敵対、中立関係

月にとって、水星は友好関係ですが、水星にとって月は敵対関係になります。惑星同士の関係は、必ずしも双方向の関係ではないことに注意が必要です。

惑星 友好 敵対 中立
太陽(獅子座) 月・火星・木星 金星・土星 水星
月(牡牛座) 太陽・水星 なし 火星・木星・金星・土星
火星(牡羊座) 太陽・月・木星 水星 土星・金星
水星(乙女座) 太陽・金星 土星・火星・木星
木星(射手座) 太陽・月・火星 火星・金星 土星
金星(天秤座) 水星・土星 太陽・月 木星・火星
土星(水瓶座) 水星・金星 太陽・月・火星 木星

 

星座の友好、敵対、中立関係

友好惑星の支配する星座に在住すると惑星は強く、敵対惑星の支配する星座に在住する惑星は弱くなります。

惑星 友好 敵対 中立
太陽 牡羊座、蟹座、蠍座、射手座、魚座 牡牛座、天秤座、山羊座、水瓶座 双子座、乙女座
双子座、獅子座、乙女座 なし 牡羊座、牡牛座、天秤座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座
火星 蟹座、獅子座、射手座、魚座 双子座、乙女座 牡牛座、天秤座、山羊座
水星 牡牛座、獅子座、 蟹座 牡羊座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座
木星 牡羊座、蟹座、獅子座、蠍座 牡牛座、双子座、乙女座、天秤座 山羊座、水瓶座
金星 双子座、乙女座、山羊座、水瓶座 蟹座、獅子座 牡羊座、蠍座、射手座、魚座
土星 牡牛座、双子座、乙女座、天秤座 牡羊座、蟹座、獅子座、蠍座 射手座、魚座

 

ハウスの象意

ラグナ(アセンダント、上昇宮)があるハウスが1室になります。そこから時計回りに2室、3室と進んでいきます。惑星が支配するハウスや在住するハウスにより、ホロスコープの持ち主に与える影響を読み解きます。

1室(ラグナ、アセンダント)

自分自身。健康状態、全般。

2室

スピーチ、食事、金銭的な収入。死のハウス。

3室

弟、妹。歌や踊りなどの芸術的な才能、趣味。

4室

母親。土地、乗り物、医院、アトリエ。

5室

子供。高等教育、知性、自己実現。

6室

怪我や病気、争い。富の蓄積、スポーツ、冒険。

7室

結婚、対人関係。ビジネスパートナー、外国など。死のハウス。

8室

遺産、相続、突然の収入、遺言、ヨガ、オカルト、心理学、研究。

9室

父親。精神性における傾向、学習、巡礼、宗教、グル、幸運のハウス。外国へ行く。

10室

天職。地位や名声、名誉、社会的使命、目標達成。

11室

兄、姉。ビジネスからの収益、夢の実現、願望成就、社会的評価。

12室

損失や出費。外国旅行、海外取引、収監、逮捕監禁。寄付、お布施、出家、隠遁。

 

シェアする
aymをフォローする
【zoom鑑定】インド占星術・コーヒーカード【オンライン占い】