アーユルヴェーダの3つの性質(サットヴァ、ラジャス、タマス)

ぁゅ*
ぁゅ*

アーユルヴェーダの大原則は、サトヴィックに生きること。

トリグナとは

アーユルヴェーダには3つの性質があります。(トリグナ)
・サトヴィック(純粋、穏やか)
・ラジャシック(刺激的、攻撃的)
・タマシック(ぐうたら、暗い)

サトヴィックとは、幸福に満ちた、穏やかで純粋な心の状態を表し、常にこの状態であることが理想とされています。

ラジャシックは、怒りに満ちた攻撃的で荒い心の状態を表します。

タマシックは、執着心が強く怠惰で貪欲な心の状態を表します。

このトリグナは誰もが持ち合わせている性質ですが、バランスが取れていることが重要です。

食事はできるだけサトヴィックなものを腹七分目程度食べるのが大切です

サトヴィックなものとは?

  • 新鮮
  • ジューシー
  • 油性
  • 甘い
  • 美味しい
  • 滋養のある

サトヴィックな食品

  • ミルク
  • ギー
  • フルーツ
  • 野菜
  • はちみつ
  • アーモンド
  • 炊きたてのごはん

 

缶詰めや冷凍食品、調理されてから時間の経った古いものはタマシックな性質を持ち、消化に時間がかかり、食べ続けると心身ともに怠くなります。

食べたものが自分の血となり肉となりそこに魂が宿ることを考えたら、あともう少し自分の身体をケアしてみようかな?と思いませんか?きっと今より素敵な未来につながりますよ。

お問い合わせ、鑑定のご予約等はこちらからお願いします。

※携帯電話会社のメールアドレスへのご連絡がエラーになる場合があります。お電話でのご連絡が可能な方は、本文にお電話番号の記載をお願いいたします。