写真展に見る芸術性のあらわれ

IMPRESSIVE SKIES~その時、心惹かれた~
http://www.narita-airport.jp/jp/fun/airport/gallery/art/#09
10月6日〜25日まで開催中の写真展に私も出展しています。
この3連休を利用して、在廊してきました。
インド占星術では、適職や適性などを相談される場合も多く、その人の潜在的に持っている能力や技術力をホロスコープから読み解きます。
芸術や表現力については、金星の状態をメインに他の惑星とのコンビネーションも見ていきますが、何より重視しているのは心の状態(月)がどうなっているか、です。
芸術には正解は無い、と私は考えています。
売れるためとか、ウケるためとか、クライアントのためとか
そういったものを考慮しなくて良い場合に
自分の内側から溢れ出る感性の表現
があらわれてきます。
それは自分のエネルギーです。
人と比べるものでもなく優劣をつけるものでもありません。
そういったものが感じられる作品は良いなぁと思います。
写真の放つエネルギーに引き込まれる感覚。
もちろん、見る側の好みによるところもあります。
感性やエネルギーレベルの合う合わないもあります。
そこを否定、排除するのではなく
感じること、サードアイで見ていくことが
写真展の楽しみ方の1つになっています。
星のエネルギーをうまく使っている人は
素晴らしい作品をつくられますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする