緊張体質の人のアロマ

みなさん、こんにちは。
どちらかといえば緊張体質のあゆみやです。
子供の頃から新しいことを始める時や、試験、面接などでは必ずお腹が痛くなるほどの緊張体質でした。全部腸にくるタイプですね。。。
あゆみやにお越しくださる方の中にも、私のように腸が敏感な方や緊張体質で体全体がガチガチになっている方が多い印象です。今日は緊張体質の人の特徴とリラックスするためのコツをご紹介します。

緊張体質の人の特徴

緊張タイプの人は心の緊張度合いは自覚できても、体がこわばってガチガチな状態であることを自覚されていないケースがよくあります。

自律神経の乱れ

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。日中は主に交感神経が優位に働いて元気に活動できます。夜間は主に副交感神経が優位に働き心身をリラックスさせる働きがあります。
この自律神経の調和が乱れると、夜眠れない、食欲がない、疲れやすい、疲れが取れないといった状況を作り、全身の血流の悪化を招き、肩こりや腰痛の症状に悩まされたり、常に体に力が入った状態を作り出してしまいます。

ストレス

ストレスが全て悪いという訳ではありませんが、人はストレスを受けると生命の危機を感じ、「戦闘モード」になります。山道でクマに遭遇して、戦うか?逃げるか?といった状況です。とてもリラックスしていられる状況ではありません。とても緊張する状況です。
無事に切り抜けられたら、緊張状態が緩むのが普通ですが、ストレスの多い人は常に緊張状態に晒されているため、休めるときがありません。

リラックスするには?

では、常に緊張状態が続く人がリラックスするにはどうしたらいいか?

好きな香りを嗅ぐ

そんな時は、精油の力を借りるのも良いでしょう。精油には、鎮静、鎮痛、鎮痙作用があり、心と体の働きをリラックスさせます。眠気を催す催眠作用につながることもあります。痛みや筋肉の緊張を和らげる効果も期待できます。
代表的な精油に、ラベンダー、カモミール、ゼラニウム、クラリセージがあります。

軽い運動をする

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動をすることを習慣化するのもストレス対策としては有効です。ただし、がんばり過ぎないこと。
AYUMIYAのヨーガ療法は、緊張を緩和するブレンド精油を用いてレッスンを行なっています。呼吸に意識を向けることで、精油の有効成分が脳へダイレクトに働きかけます。体を動かす体操(アーサナ)では、血流やリンパの流れを改善し滞りを解消します。

上記は一般的によく言われていることですが、一人で取り組むには何からどう始めるのが最適なのかが分からないケースもありますよね。はじめは専門家のアドバイスをもとに一緒に取り組むのが、長い目で見ると大変効果が出やすいものです。コツを掴んで一生もののスキルにしてみるのはいかがでしょうか?
ヨーガ療法のご予約、お問い合わせはお気軽に下記までお願いします。

AYUMIYA (あゆみや)
toiawase.ayumiya@gmail.com
http://www.ayumiya.net/
5500002
大阪府西区江戸堀1-23-14
新坂ビル206号室
地下鉄四つ橋線肥後橋駅8番出口から徒歩3分