スマホのビデオ通話機能で対面鑑定同様にご相談可能です。

インド占星術ホロスコープ鑑定のお問い合わせはこちら

精油で不眠症対策

12月は師走と言いますが
何かと気忙しい季節ですよね。
今月中、年内に済ませたいこと盛り沢山!
いつもよりスケジュール前倒し!
色々とイレギュラーな案件も入ってくると脳も疲弊します。
夜なかなか眠れない、寝つきが悪いとの声もよく聞きます。
そこで今日は、不眠に悩む人にオススメの精油をご紹介します。

不眠症の人に役立つ精油

不眠症について

睡眠不足、あるいは普通の睡眠パターンから外れること。寝つきが悪い入眠障害と、夜中何度も何度も目が覚めたり起きる時間の前に起きてしまったりする状況をいいます。どちらも緊張や不安が大きな要因になっています。
寝室の環境や生活習慣の改善により不眠が治る場合も多いです。通気性の良い部屋、寝心地の良い寝具、体を締め付けない服装、カフェインの入った飲み物を控えることなどに注意します。また、日中にウォーキングやヨーガなど適度な運動をすることも大切です。

スイートオレンジ

スイートオレンジは、穏やかな鎮静作用と抗うつ作用があります。不安感、緊張、不眠によく、同じようにリラックス効果のあるラベンダー、ネロリ、サンダルウッドとブレンドして使用するのがよいでしょう。
中医学によると、スイートオレンジは滞った気、特に肝、胃、腸、に滞った気を流す助けをします。

カモミール

昔からカモミールの花は消化器系の不調を癒すための内用薬、皮膚や粘膜の炎症のための外用薬として使われてきました。女性のヒステリーや神経過敏には昔ながらのカモミールティーが非常に効果的だと言われています。

サンダルウッド(白檀)

サンダルウッドはサンスクリット語の「chandana(チャンダナ)」に由来します。サンダルウッドは芳香物質の中でも最も古くから知られているものの一つで少なくとも4000年前から使われています。仏教などの宗教儀式において不可欠なものでした。ヒンドゥー教徒は宗教儀式の際、額にサンダルウッドの粉からできたペーストをつけます。
神経に対してリラックス効果があり、頭痛、不眠、過緊張につながる熱証の興奮状態に効果的です。

ラベンダー

ラベンダーはポピュラーで最も用途の広い精油です。家庭に1本備えておきたい精油です。
ラベンダーは交感神経・副交感神経の機能を抑制することができます。あらゆる非生産的なストレスへの反応を助けてくれます。同様にラベンダーは生産的なストレス、つまり日常生活の一部となるストレスを妨げることはありません。
ラベンダーは不眠、特に精神的ストレスや不安による不眠を治したいとき最初に候補に挙がる精油です。頭痛や偏頭痛の治療に使用するのも良いでしょう。
 

アロマセラピーによる対処法

アロマポット

不眠に役立つ精油の好きなもの、またはブレンドしたものを1〜2滴アロマポット、アロマライトで焚いて香りを楽しみます。精油には心を落ち着かせ、和ませる作用があります。

マッサージ

マッサージするとリラックス効果が高まり眠りを促されます。睡眠障害のある人は背中やお腹の辺りに多大なストレスを抱えています。マッサージをすると背中とお腹の緊張を取り除く助けになるでしょう。

お風呂

就寝前のお風呂(ぬるま湯)に入れて温まるのも効果的です。血液が温まり、脳に達すると誘眠作用が起こります。
 
香りは効果効能にこだわり過ぎず、好きなものを取り入れてリラックスすることが大切です。今回ご紹介した精油はポピュラーなものばかりなので、比較的手に入りやすいと思います。
 

AYUMIYA (あゆみや)
toiawase.ayumiya@gmail.com
090-1027-0787
LINE@ AYUMIYA
http://www.ayumiya.net/
5500002
大阪府西区江戸堀1-23-14
新坂ビル206号室
地下鉄四つ橋線肥後橋駅8番出口から徒歩3分