スマホのビデオ通話機能で対面鑑定同様にご相談可能です。

インド占星術ホロスコープ鑑定のお問い合わせはこちら

アロマで感情の大掃除を

こんにちは、あゆみやです。
今日はお客様がいらっしゃる前に、大掃除も兼ねてドイツ製のワックスを使ってサロンの床を拭き掃除しました。ヒノキの床タイルがスッキリ綺麗になってとても気分が良いです。
香りでスッキリするメカニズムを要点をまとめて紹介します。

精油成分の体への作用

嗅覚から脳へ

香りは脳や神経にダイレクトに影響するので、アロマテラピー(香り療法)は体を動かすことが難しい場合でも効果を発揮します。
空気中に拡散した精油成分は、空気と一緒に鼻から吸い込まれます。鼻の奥の上部には嗅上皮という粘膜があり、これに精油成分が付着し、嗅細胞から出ている繊毛にキャッチされるとその情報は嗅細胞の刺激となって電気的信号(インパルス)に変わります。嗅神経を伝わるインパルスは嗅球、嗅索を経て、大脳辺縁系へ送られ、その後大脳皮質の嗅覚野で初めて「におい」として認識されます。
ヨーガ療法のクラスでは、ディフューザーを使って芳香浴も楽しみながら呼吸に意識を向ける練習もします。ご自宅ではみなさんの好きな香りを漂わせて練習するのをお勧めしています。
ミント系や柑橘系の精油は一般的に好まれますが、感情のデトックスに働きかけるブレンド精油ではヤングリヴィング社製のリリースやピューリフィケーションはみなさんスッキリされるようです。
7つのチャクラに対応したブレンド精油は、パーフェクトポーション社製のものを使用しています。こちらは瞑想時に使用するのが良いみたいです。

皮膚から血液へ

精油へ分子構造が小さく親油性のため、皮膚の表皮バリアーを通り抜け、真皮にある抹消血管やリンパ管に精油成分が入り、血液を介して全身をめぐります。
皮膚に精油をつける場合は、必ず植物油(セサミオイル、ホホバオイル)などで1%以下に希釈してから使用するようにしてください。また、事前に皮膚に刺激がないかどうかパッチテストを行ないます。

呼吸器から血液へ

呼吸によって精油成分を吸入すると、成分の一部は気道の粘膜から血管に入ります。また、気管支から肺に入り、肺胞の膜から血管に入るルートもあります。
精油成分が気管支から肺に入ると、精油成分の種類によっては痰を切り、せきを鎮めるなどの働きをすることがあります。

消化器から血液へ

精油を直接飲んだり食品に混ぜて飲食する方法が、一部の医師などによって行われています。精油は口から入ると消化器粘膜から吸収され、血液循環を経て全身をめぐり、様々な組織に影響を与えます。
口から摂取した精油の全てが吸収されるため、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす恐れがあります。

チャクラバランスリーディング

AYUMIYAでは、オプションメニューとして「チャクラバランスリーディング」を実施しています。人体の7つのエネルギーセンターであるチャクラの状態をチェックし、エネルギーの過不足を判定します。
エネルギーは多ければ良いというものではなく、全体のバランスが重要なのです。エネルギーの過不足が生じているチャクラをバランスさせるために必要な精油を選択し、スプレーやマッサージオイルなどのアロマクラフトを作って楽しむメニューです。
心と体の体調管理にぜひご活用ください。

AYUMIYA (あゆみや)
toiawase.ayumiya@gmail.com
http://www.ayumiya.net/
5500002
大阪府西区江戸堀1-23-14
新坂ビル206号室
地下鉄四つ橋線肥後橋駅8番出口から徒歩3分